announcement

注意喚起

ルシャスデリシャスのアシスタントだと嘘を名乗り、それを利用し

​巧みな話術で多くの方に詐欺的行為、不快行為をしていることが2018年秋ごろに判明いたしました。

Facebookやネット上でルシャスデリシャスの元アシスタントだと名乗るものがおりました。
(2019年5月18日現在はFBやブログからは消されています)

その人物とルシャスデリシャスとは一切関係がございません。

ルシャスデリシャスでは、これまでも、現在もアシスタントは存在しておらず

そして今後もアシスタントを設ける予定はございません。

私共が全く関知しない

全く知らないところで

「ルシャスデリシャスのアシスタント」を名乗り

​人に近づき

多くの方が被害に遭われたことに大変心を痛めております。

被害者の中にはすでに警察に届けられた方もおり

加害者の行動警戒をお願いしています。

私どもも被害者があまりにも多数であり

事件発覚からすでに半年もたっておりますが

今も同様に加害者が動いていており

加害者からの「脅し」がありましたので

警察や弁護士に相談し警戒を強めていただいております。


​これ以上、被害がある場合は

今後は法的措置を辞さない準備をしております。

警察や弁護士の方から

事件を周知し、公にし、屈しない姿勢を貫くことが

とても大事だと言われましたのでここにアナウンスいたします。

どうかみなさま充分にお気をつけください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これ以上、被害に遭う方が増えないように以下、加害者について書き記しておきます。

被害に遭われた方の具体例としてはお金にまつわる事例が大変多いです。

<被害例> 被害者多数

加害者が被害者の勤める店舗に来て「今日は手持ちがないので給与日が来たら後日支払う」と言い

代金の支払いをせぬまま商品だけを持ち去り

後日、何度も請求するも支払われない

【(詐欺罪)刑法246条1項 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。】

その他、強引な値引きやサービスを求められた

<被害例> 被害者多数

加害者から食事に誘われ応じて会うと

誘っておきながら支払い時に

「今、手持ちの現金がないので、次に会う時に払うから建て替えしておいて」

​と言われ、いつまでたってもお金は戻ってこない

また

「私の分ね」と言って少額だけ出し

その残りを被害者が負担して支払う

また

支払い時、加害者に言われるままの額を支払うが

加害者が取りまとめるふりをして

加害者の分まで上乗せした額+儲け分を多く支払わされていた

また

支払いになってもお金を出さず

奢るはめになる

いずれも親しい段階ではなく

初めてお茶や食事に行くような段階のものが多く

奢り奢られるような仲ではない

<被害例> 被害者多数

加害者は頻繁にSNS上で人を誘いグループで食事に行っている
(あくまでも有志の食事会でありビジネスではない)

食事代は加害者に言われるままの額を支払うが

加害者が取りまとめる幹事役のふりをして

加害者の分まで上乗せした額+儲け分を多く支払わされていた

<被害例> 被害害者多数

加害者から「一緒に香港のホテルに滞在しましょう」と声をかけられ

その宿泊代金を相場よりも多く請求され、しかも加害者の宿泊代+儲け分を請求される

詐欺罪:人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受けるべき待遇やサービスを不法に受けること。また債務を不法に免れたりすること)、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法第246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いずれも人の良心を利用し

信頼を盾に上手に分からないように人を騙します。

その他、まだまだここには記載できない悪質な多くの被害例、被害者からの報告がありました。

大きな金額でないため、多くの方が信頼していただけに泣き寝入りさせられている状態です。

おそらく加害者は​刑事告訴をされないであろう泣き寝入りするであろう少額詐欺を

多数に繰り返しているのだと思います。

ただ1件1件の被害額は少なくとも

加害者にとっては「塵も積もれば」で総額は無視出来ない金額となっていると思います。

文章で読むと「何故?被害者はわからないのか?」と思うかもしれませんが

加害者は非常に口もやり方も巧みなプロの詐欺師です。

みなさん信頼がベースにあり最初は気がつけずにおりました。

また私どものアシスタントと名乗っていたことから

「そんな事するはずがない」と

長い間、多くの方が私どもに話せず各お1人で苦しまれておりました。

今は被害者同士がそれぞれの被害内容を共有しており

被害者の会が出来ております。

もし私も被害に遭ったという方がいましたら

​是非、警察に届けてください。

​(立派な犯罪です)

現時点で心当たりがある

実際に繋がっている

そのような方は冷静によく観察して判断されてください。

人は自分が痛い目に遭うまでは

信じやすい生き物です。

しかし被害にあってからでは遅いのです。

またここが一番重要ですが

ご自身に被害がないので関係ない

別に被害に遭っていないので大丈夫と

思われているかもしれませんが

加害者はあなたの人脈を狙っています。

直接あなたには被害を与えなくとも

あなたに内緒であなたの大事な人に近づき

その人を騙します。

それがもっとも怖いのです。

自分は被害に遭っていないから大丈夫と思っているうちに

あなたの大事な人が被害に遭うかもしれないのです。

それには加害者と一切、つながらないこと。

これしか防ぐ方法がありません。

お金の被害の次に多かったのが

この人脈を荒らされた被害者が多くおりました。

加害者は大変積極的に自ら

人に近づき

急激に親しくなります。

加害者があなたの大事な友人や知人に近づく時

あなたに事前に断りがなく

知らぬ間につながっています。

加害者はあなたからの信頼を得るために

あなたに対して

歯の浮くような称賛をします。

あなたは

「こんなに私を理解してくれる人がいるなんて」

「こんなに考えが合う人がいるなんて」

「こんなに親身になってくれる人がいるなんて」

「こんなに私に関心を持ってくれるなんて」

そう感じているかもしれません

しかしそれは演技なのです。

それを見抜くには

加害者はあなたを持ち上げ、いい気分にさせているかもしれませんが

ある特定人物やその場にいない人のことを

ひどく言ったり、貶めるようなことを言っていませんか?

一方であなたを褒め、一方で誰かを貶す

加害者はあなたがいないところでは同じように

あなたを悪く言っています。

加害者の本質を見極めてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、加害者に当てはまる特徴を挙げておきます。

・急に近づいてきて積極的に誘ってくる
・すぐに打ち解ける
・調子よくターゲットをおだてる
・口八丁手八丁(少ない元手、巧妙な話術)
・印象づけが上手
・人に対して気遣いが有る
・初めてなのに過去の話や苦労話を聞かれる,聞かされる
・とっても親身で親切、涙を流しながら同情
・良いことばかり言う
・SNS上でセレブな生活披露(でも虚像)
・人脈アピールする
・日々のこまめなメッセージ
・心に響く寄り添う言葉を言ってくる(人に言って欲しいような褒め言葉や理解されているなと感じる言葉など)
・身なりに気をつけている
・きらきら女子を強調
・自撮りが多い
・社交的で人当たりが良い
・称賛されたり、ちやほやされるのが好き
・利用できるものは何でも利用する
・ウソをつくのが悪いことだと思っていない
・他人の足を引っ張ることで自分がのし上がろうとする
・自分ではなく、他人にやらせる
・粘着質なところがある
・表の顔と裏の顔がある
・恩を売る
・うまく立ち回って人を利用する
・相手によって態度が変わる
・媚びるのがうまい
・情に訴える
・すぐ悩み事を打ち明けてくる

・それぞれの人に合わせて、自分のプロフィールを変えて接する、それが全て虚言である

・お金を持っていそうな人に好んで近づいてゆき、ごちそうになるのを期待している

・著名な人に好んで近づき、その人の人脈を狙う

​・幼少期のつらい生い立ちを聞いてもいないのに話してくる

参照:

https://m.youtube.com/watch?v=8N2bDK2dlDY

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

<加害者と詐欺師の特徴の共通点>

1,冷静で落ち着いている

詐欺師は冷静で慌てることがありません。

どんなに状況が変化しても、いつも堂々として冷静で落ち着いているのです。

慌ててしまって目が泳ぐような顔をすることも無いのです。

常に落ち着いた表情で、話す時はしっかりと相手の目を見るのです。

オドオドした雰囲気は出さないのです。

2,有名人に知り合いが多いとアピールする

信頼性を高めて騙しやすくするため、できる限り大物の有名人と懇意であることやパーティーに招待されるなどと自慢するのです。

すると、あの有名人とも知り合いなら間違いないだろうとかってに判断してしまうのです。

3,過度な褒め上手

詐欺師で感心するのは、相手を褒めちぎる話術です。

相手とその家族、家族の家柄や趣味、持ち物、あらゆる機会をつかまえて褒めちぎるのです。

褒めた相手の顔色を伺いながら、褒めると落ちそうな相手であれば、さらに輪をかけて褒めるのです。

そして、自分の言うとおりにすれば、どんなバラ色の人生が待っているかを説明するのです。

そして、もしこの機会を失うと、どんなに損な人生になってしまうのかも話すのです。

4,気遣いが良すぎる

仕事を離れたプライベートでも、これと決めた相手には、そつなく接待もするのです。

細かいところにも気配りが得意なのです。

人をこれだけ気遣うことができる人は、きっと素晴らしい人で信頼できる人だと思わせるのです。

5,突然近づいてくる

詐欺師も、多くの人が集まるパーティーなどで、これは良いカモだと思うと突然近づいてきて、すぐに打ち解けて話し出すのです。

6,良いことしか言わない

話を始めると、相手の素性を聞き出しながら、その内容をもとに話を広げていきます。

そして、相手のことを褒めるのです。

出身学校のことや趣味のこと、家族や仕事のことなど上手く聞き出すのです。

そして良い事しか言わないのです。

7,二人だけのヒミツを持ちたがる

誰にもこの金儲けの秘密を漏らしてはいけませんよ!とクギをさします。

バレると、この話にみんなが寄って来るので、そうなると儲けは極端に減ってしまい面白みがなくなりますと言うのです。

嘘がバレないように二人だけの秘密にする傾向があります。

8,心理的な話に詳しい

詐欺師は、相手を騙すテクニックは勉強しています。

相手の心理を解読することが得意なのです。

相手がどこまで自分を信じているか、このまま進めて行って上手く騙せるのかを、瞬時に判断するのです。

参照:

https://seikatsu-hyakka.com/archives/16885

また加害者は以下の性質を有しています。

✔ 社交的である
✔ 非常に人当りがいい
✔ 頭の回転が速い
✔ 非常に大きな夢がある
✔ 派手、見栄っ張りである
✔ 称賛されたり、ちやほやされたりするのが好きである
✔ 華やかな世界が好きである
✔ 気配りができる
✔ 紳士・淑女である
✔ 各方面に幅広い人脈がある
✔ 何らかの組織のトップである
✔ 人の信頼を得やすい

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

加害者が取っている行動で共通のものを挙げておきます。

1, SNS投稿

リアルが充実しきっていたらSNSに目を向ける人はいません。

SNSでリア充をアピールする好意は、周囲とは違う自分を見せたいという虚栄心から来るものです。

しかし本物のリア充であれば、周りもリア充なわけですから自慢にもならないことは明白です。

人気者になりたいという滑稽さが出てきます。

つまり、リア充「アピール」なのです。

"本当にリアルが充実している人”はいちいちSNSでアピールする暇も必要もありません。

 

 

2,インスタ映え

獲物を獲得するために人を引き寄せる写真を多く掲載する

 

3,リッチな遊びを自慢

お金持ちでもないのにリッチな遊びを自慢するSNS投稿や友人への会話などでアピールをするタイプです。

高級なレストランの食事写真を見せつけたり、お高いホテルの写真や高い物を買ったことの報告などなど、挙げたらキリがありませんね。

結構カツカツで生活している人がリッチな遊びを「した」ことをSNS上で事後報告しても、見ている側としては一体何のつもりなんだかサッパリわかりません。

 

4,やたらと忙しい投稿

「そんなに忙しかったらSNSしてる暇あるんですか?」と突っ込みたくなるような投稿で、もう笑うしかありません。そういう人に限って頻繁に更新するから余計に面白いです。自分で決めた過密スケジュールを自慢げにする人もいます。「朝早く起きてスムージーを作ってその後ジムに行って、ネイルサロンに行って、夕方からデートで映画とディナー、とっても忙しい!」みたいなやつです。

 

5,友達多いですよアピール

やたらと友達との写真をアップする人。

SNSなどで顔を晒されたくない人だっているでしょうに、そんなのはおかまいなしでどんどんアップします。

そういう人に限って、その時一緒にいた人たちとは大して仲良くないのですから困りものです。

facebookなどでの友達の数にも異様な執着を見せます。

本物の友達ならいちいちfacebookなどで繋がらなくても連絡をとれば済むので、実際の友達の人数よりSNSでのつながり人数の方が少ないという人もザラにいますが、こういった人はそこにばかりこだわり、少ない人よりも上にいるかのような気分に浸ることがあります。

友達は多ければ良いというものではありません。

量より質です。

毎回写真に映っている顔ぶれが異なる人は、ある程度経験のある大人から見ると、本物の友達は持っていない人なんだなと哀れに思えてくるものです。というか、友達がいることはアピールするようなことではないのです。

6,モテアピール

『とにかくモテる』というリア充女子の特徴でも記載しましたが、本当にモテる人はアピールなんてしません

街を歩けばナンパされるし、周りにいる男友達からも当然モテるし、そんな毎日のことをいちいち報告していたらキリがないからです。

友達多いアピール同様、モテを強調するということは、特定の異性とは仲良くありませんと言っているようなもので哀れです。

10代ならまだしも、成人してからのそれはモテアピールではなく非モテアピールに他なりません。

7,イベントの写真を全てアップする

お仕事関係のイベントで、アップすることが宣伝になったりするならSNS活用として成り立っていますから、むしろ良いことです。

そうではなくてただ参加したイベントの写真をアップるすことは、単純に楽しかったから次のイベントに参加する仲間を増やすために宣伝しておきたいという内容でなければ自慢にすぎません。

また、全てアップするというところが何とも面白いところです。

イベントの細部や誰と行ったかなど事細かに写真を撮っているのですから、本当にイベントを楽しみに出かけたのか写真を撮りに行ったのか、どっちなんでしょうね。

自分がされたらどう思うか、という観点が抜けています。

参照:

https://seikatsu-hyakka.com/archives/30079

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際、被害に遭われた方のみならず

私どもも営業妨害、名誉毀損、脅されかなり影響を受けております。

【(脅迫罪)刑法222条1項 生命、身体、自由、名誉又は財産に対して害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。】

信用毀損罪

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する(大判大正5年6月26日刑録22輯1153頁)。判例・通説は、人の経済的側面における評価を人の支払い能力または支払い意思に関する信用に限定していたが、より広く「経済的な側面における人の社会的な評価」とし、「人の支払能力又は支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む」とした(最判平成15・3・11刑集57巻3号29頁)。判例・通説は、本罪は危険犯であり、現実に人の信用を低下させていなくても成立する。

業務妨害罪

虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害すること(偽計業務妨害罪)。または威力を用いて人の業務を妨害すること(威力業務妨害罪)を内容とする犯罪である。

前者は間接的、無形的な方法で人の業務を妨害する行為を処罰し、後者は直接的、有形的な方法で人の業務を妨害する行為を処罰すると観念的には区別できるが、実際の境界線は不鮮明である。威力の認定に要求される有形力の程度は、公務執行妨害罪の成立に要求される暴行脅迫よりも軽度のもので足りると解されており、この意味で業務の方が公務よりも手厚く保護されているとも言える。保護法益は業務の安全かつ円滑な遂行である。

なお、本罪について判例は危険犯であるとしている(最判昭和28年1月30日刑集7巻1号128頁)が、侵害犯であるとする説も有力である。

噓の風説による業務妨害罪

嘘の風説を流しての営業妨害。罰則は【3年以下の懲役/50万円以下の罰金】です。

「ストーカー規制法」

 

1,相手の行為が、法第3条に違反してあなたに不安を覚えさせる行為(以下「法第3条違反行為」といいます。)かストーカー行為かを判断します。

 

2,相手の行為が「法第3条違反行為」に該当し、更に当該行為が反復して行われるおそれがある場合は、あなたの申出によりストーカー規制法第4条に規定する「警告」を行ったり、あなたの申出又は警察本部長の職権により同法第5条に規定する「禁止命令等」を行うことができます。

 

3,「禁止命令等」は、警察本部長による聴聞を経て行うこととなりますが、あなたの身体の安全、住居等の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害されることを防止するため緊急の必要があると認められる場合は、聴聞を経ずに「禁止命令等」を行うこともできます。(この場合、事後に「意見の聴取」が行われます。)

 

4,禁止命令等に違反して、更にストーカー行為を行った場合の罰則は、「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」です。 なお、禁止命令等に違反した行為がストーカー行為にならなかった場合の罰則は、「6月以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。

 

5,禁止命令等の有効期間は、禁止命令等をした日から起算して1年です。 有効期間が満了前には、警察からあなたに状況の確認を行い、禁止命令等を延長する必要があると認められた場合は、あなたからの申出又は職権により、禁止命令等の有効期間の延長処分を行います。

 

6,相手の行為が「ストーカー行為」に該当する場合、ストーカー規制法違反として事件化し、相手を検挙することもできます。(この場合の罰則は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」です。)

 

これ以上、脅しや、ストーカー行為、業務妨害、名誉毀損、信用毀損行為があれば

即座に警察によるしかるべく対処、弁護士による法的措置をお願いしています。

1)詐欺師の本質の一つは、人から冷静な判断力、客観的で(多角的な観点での)公正なものの見方、を失わせ、巧妙な心理操作をもって功利を図ることにある。 

(2)調子よくターゲットをおだてるし、いっけん饒舌(じょうぜつ)だが、よくよく聞いていると、物事の本質を客観的、公正に捉えていない。 だから、深い話になると、すぐに付いていけなくなるし、心に響く言葉を失う。 

(3)詐欺師のペースにあわせて行動していると、いつの間にか一方的な負担を背負わされている、というのがその特徴の一つである。詐欺師の目的と特徴は、何と言っても、口八丁手八丁(少ない元手≒巧妙な話術)で巨利を得ることにある。 

(4)大事な問題に限って連絡を送ってもレスポンスが遅い。またはタイミングがずれる。 

(5)詐欺師は、功利に役立つターゲットの情報を冷静に収集している。 

(6)詐欺師の最大の武器は、「印象付け」である

​参照:http://d.hatena.ne.jp/hanabus12/20110610

1,突然近付いてくる。

「詐欺師の特徴の一つとして、“突然近付いてくる”という共通点があります。このパターンは2つのタイプに別れていて、一つは突然近付き、すぐに打ち解けてくるタイプ、もう一つは騙す相手の身につけている物や話からお金を持っているかを判断し、趣味嗜好まで入念に調べてから近付いてくるタイプです」

前者は悪徳商法のナンパ師などと似ていますよね。あまりにも急に近付いてくる人には気をつけましょう。後者については、趣味が合いすぎたり、自分のことを知りすぎていると感じたら注意するのがいいかもしれません。

参照:こんな男には要注意!危ない「プロ詐欺師」の特徴7つ【前編】 - Menjoy! メンジョイ

 

 

 

2:良いことばかり言う。

「“自分は裕福で、会社はこの不景気なんて関係なく儲かっている”など大きな話をしてくる人も要注意です」

確かにいいことばかり聞くと興味がわいてきますが、本当なのか確かめるまではあまり信じすぎないほうがよさそうです。

参照こんな男には要注意!危ない「プロ詐欺師」の特徴7つ【前編】 - Menjoy! メンジョイ

3:人に対して気遣いがある。

「全く気が利かない人ではなく、そつなく接待もこなし、相手に配慮ができている感じの男。会食の席では相手の飲み物や食事などに気を遣う」

意外にも気遣いができるタイプも注意がいりそうです。プロとして慣れているのか、人を気遣える余裕のある素敵な人なのかは、見極めるのが難しそうです。少しでも違和感をもったら警戒すべき

参照こんな男には要注意!危ない「プロ詐欺師」の特徴7つ【前編】 - Menjoy! メンジョイ